« 「中井久夫の臨床作法」を読む | トップページ | いよいよ年末。 »

健康法…。

 春先に鎖骨を骨折して、1ヶ月ばかり右手を吊っていて、全く使わない日が続いた。

 運動のプロのような方々が、一日練習休むと、筋力を戻すのに三日とか一週間とか言いますが、まあ一ヶ月も全く使わず、使い始めても二ヶ月はなかなか強い力を入れることができないとなれば、相当の筋肉量が落ちると考えられると思う。
 この鎖骨というやつ、なかなか厄介で、痛めてみて初めて分かる部位ですよね。当初は、身体を起こすのにも横になるのにも激痛が走ったし、ペットボトルくらいの重さの物でもうっかり持とうとすれば激痛が走りました。
 通院は、半年に渡り、先日やっと特に痛いことがなければ、通院する必要なしとやっと言って頂けました。「たぶん、ついていると思う‥」このたぶんが良く分からない言葉でしたが。
 何回、レントゲン取っているんだろう?それで「たぶん」では困るのです。
 そこで、久しぶりな出してきたのが「1㎏ダンベル」です。
Dscn1281_2
 
 おっかなびっくり持ってみると、「行けそうではないか」
 というわけで、一番痛くない角度で、20回、なかなかいい感触で、違う角度で20回、そこで一番痛い角度で(水平に上げるのが今は一番負荷がかかる)10回、まだまだ腕が十分、前にも、上にも、横にも、後ろにも動かないのだが、これを続けていけば、という気持ちになることができる。

 年を取ると総じて筋肉量は落ちるから、そのためにも継続は、力なりかな?と思う。
 また、時々ではあるけれど続けているのが「竹踏み」。
Dscn1282
 
 アマゾンの通販で購入した優れもの。通じよう市販されているものよりも細く角度が急である。つまり乗ると痛い。
 これをタブレットで音楽を流しながら、1曲から2曲分、まあ4分~8分程度、踏む。久しぶりに乗ると足の骨の位置が調整されるのか、ボキボキいう。
 効いている証拠?などと思いながら、踏む。
 そう長生きはしたくないと思うけれど、健康には暮らしたい。
 そんなことを思いながら踏む。

|

« 「中井久夫の臨床作法」を読む | トップページ | いよいよ年末。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537878/62731354

この記事へのトラックバック一覧です: 健康法…。:

« 「中井久夫の臨床作法」を読む | トップページ | いよいよ年末。 »